粉ミルクを使用する調乳の方法とは?

粉ミルク

赤ちゃんは、新生児の段階からミルクを飲み始めますが、この際に粉ミルクを使用する方は少なくありません。しかしながら、この粉ミルクを使用した調乳では適切な手順や準備方法を守らないと細菌などが混入することによって、まだ免疫力の低い赤ちゃんの体に悪影響が及ぶ可能性があるため注意しなければなりません。ここでは、調乳の基本的な手順と注意点について解説したいと思います。

調乳の基本的な手順

粉ミルクはいくつかのメーカーが製造を行っており、缶入りのものは薬局やスーパーなどで簡単に購入することができます。調乳においては、この粉ミルクと哺乳瓶が最低限必要となります。

1.まずは消毒

調乳を行う際には免疫力の低い赤ちゃんの体のことを第一に考えなければならないため、まず手や使用する器具、作業を行う場所の消毒を行います。

手の消毒は一般的なハンドソープを使用するだけでなく、アルコール消毒薬なども併用すると効果的です。また、アルコールスプレーを使用して作業を行うテーブルの消毒もこの段階で行ってしまうのがおすすめです。

また、赤ちゃんの口に直接触れる哺乳瓶は、使用するごとに消毒を行う必要があり、そのためには哺乳瓶専用の消毒機器を購入すると手間を省くことができます。

2.お湯で粉ミルクを溶かす

消毒が済んだら続いては粉ミルクを溶かすお湯を準備します。調乳に使用するお湯は煮沸消毒を行うために一度沸騰させる必要がありますが、沸騰した状態のお湯だと粉ミルクに含まれる栄養分が破壊されてしまうことがあるため、一度沸騰させた後冷ましてから調乳を行うようにしてください。ただし粉ミルクの多くは70度以下だと溶けにくいため、それ以上の温度にまで冷やしたお湯を使うようにしましょう。

粉ミルクとお湯は製品によって適切な量が異なるため、この点は製品のパッケージに書いてある注意書きを参考にしてください。また粉ミルクをお湯で溶かす際には、最初に適量の半分程度のお湯で粉ミルクを溶かし、その間に残りの半分のお湯の温度を下げ、最終的にすべてを混ぜ合わせると温度調節にかかる手間が少なくなります。

3.量・温度の調整

お湯を沸騰させると蒸発した分の量が減るため、あらかじめ厳密に軽量をしていても、最終的に粉ミルクと合わせてみると量が若干少なくなっていることがあります。そのため、このような際には同様に煮沸消毒がされたお湯を追加し、適正量になるよう調整を行ってください。

量の調整が終わったら、続いては温度調整を行います。ここではこの段階になると注水によって温度を下げることはできなくなるため、哺乳瓶の上から冷水をかける形で徐々にその温度を下げていきます。適温は38度~40度程度となっており、これ以下にまで冷やしてしまうと赤ちゃんは下痢などを起こしやすくなってしまうため、注意しなければなりません。最後に赤ちゃんがくわえる乳首の部分を取りつけたら終了です

調乳ポットを使用する方法も

調乳で最も手間がかかるのが温度調整です。特にお湯は煮沸消毒もしなければならず、それが冷めるのを待っているだけでも煩わしさを感じる方は少なくありません。

しかしながら、調乳ポットがあると粉ミルクを溶かす際の使用に最適な70度に保ったお湯を常時確保することができるため、その準備を逐一行う手間を省くこともでき、おすすめです。