調乳にはウォーターサーバーを利用するのがおすすめ!

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの中でも特に一般的なボトル型ウォーターサーバーは、天然水やミネラルウォーター、RO水などの安全性の高い水が使用されているため、調乳での使用を目的として家庭内での導入を検討している方も多いかもしれません。ここでは、ウォーターサーバーを使用した調乳におけるメリット・デメリットや、ウォーターサーバーの選び方、ウォーターサーバーを使用した調乳の手順・注意点について解説します。

ウォーターサーバーを調乳に使用するメリット・デメリット

ウォーターサーバーの中でも特に知名度、普及率共に高いボトル型ウォーターサーバーは、上述のとおり安全性の高い天然水やミネラルウォーター、RO水などの水を使用しています。これらの水は不純物が含まれていないことから、調乳に使用するにあたって、ろ過や煮沸消毒をする必要がなく、赤ちゃんが1歳を過ぎるころまで毎日行わなければならない調乳の手間を大幅に省くことができるという点で大きなメリットがあります。

その一方、ウォーターサーバーで使用されることが多いミネラルウォーターの中には、赤ちゃんが飲んでしまうと下痢などを引き起こすこともある硬水に該当するものも存在するため、その注意をしなければならないという点は大きなデメリットとなります。ただし、国内業者のウォーターサーバーが取り扱うミネラルウォーターの多くは国産の軟水であることが多いため、過度に心配する必要はありません。

ウォーターサーバーの選び方

上述のとおり、ミネラルウォーターの中でも特に硬水に該当するものは赤ちゃんにとって有害であることから、ウォーターサーバーを選ぶ際には使用されている水が硬水でないことを確認する必要があります。

また、ウォーターサーバーを使用して調乳を行う際には、サーバーの衛生状態が悪化することによって混入する細菌やカビについても注意が必要です。そのため、ウォーターサーバー自体に内部の自動清掃機能が搭載されているだけでなく、業者スタッフによる有人メンテナンスなどのサービスが付加されていることも重視してウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

ウォーターサーバーを使用した調乳の手順・注意点

ウォーターサーバーで使用されている水は基本的に不純物などの除去が行われているため、そのまま調乳に使用して問題ありません。そのため、ウォーターサーバーを利用して調乳を行う際には、まず器具と手の消毒を行い、水を粉ミルクが溶けやすい70度程度にまで加熱したら粉ミルクと混ぜ、完全に溶けきったら温度調整を行うといったものが基本的な手順となります。

一方でウォーターサーバーの給水口は常に水気を帯びていることから細菌やカビが繁殖しやすい状態になっており、本来であれば安全性の高いウォーターサーバーの水も、この箇所を通ることで細菌やカビが混入し、安全性が著しく低下してしまうことがあります。そのため、調乳を行う際には哺乳瓶や調乳を行う人の手だけでなく、この給水口に関しても同様に消毒を行うようにしてください。

まとめ

ウォーターサーバーの水は、硬水に該当する一部ミネラルウォーターを除けば赤ちゃんにとっても非常に安全性が高いだけでなく、調乳を行う方にとってはその手間を大幅に省くことができるというメリットがあるため、特におすすめです。

おすすめのウォーターサーバーとは?

親子

水道水は塩素などが入っているため、水本来の味を楽しむことはできません。赤ちゃんがいる家庭では、夜に赤ちゃんがミルクを欲しがったときは水道水を使う場合はお湯を沸かす必要があります。そこでおすすめなのがウォーターサーバーの活用です。なかでも自宅でいつでも高品質なおいしい水を飲めるCoolQoo(クールクー)がおすすめです。

CoolQooは水道直結型なので、従来のような思いボトルをセットする必要はありませんし、ボトル自体が存在しないので交換する手間やそれを運搬する人件費もかかりません。これまでのウォーターサーバーの常識を覆す次世代のウォーターサーバーなのです。

また、CoolQooは一度設置してしまえば本体のリース代のみの負担で済み、そのほかの変動費はかかりません。さらに自動洗浄機能によりいつでも清潔な水を飲むことができるだけでなく、プロのスタッフによる定期的なメンテナンスによって衛生面の不安を解消してくれます。

CoolQooのウォーターサーバーはこちら!

ボトル型ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:フレシャス

フレシャス
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。