調乳にミネラルウォーターを使用する際に覚えておきたい注意点

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、安価で簡単に手に入るにもかかわらず安全性が高いものも多いことから、調乳に使用することを検討している方も多いでしょう。しかしながら、大人にとって安全性が高いミネラルウォーターも、その中には赤ちゃんにとって有害であるものも存在します。その使用にあたってはメリット・デメリット、選び方、調乳の手順・注意点について知っておかなければなりません。

調乳にミネラルウォーターを使用するメリット・デメリット

ミネラルウォーターは、ペットボトル入りのものが販売されていることなどからも分かるとおり、水道水に比べて安全性が高いというメリットがあります。これはミネラルウォーターの多くが、メーカーの決めた特定の採水地のみで汲み上げられ、適切な処理が行われているためであり、その品質の高さはミネラルウォーターが特に飲み水の品質を気にする人の多くが使用するウォーターサーバーなどで使用されることが多いことからも分かります。

一方でミネラルウォーターは、その名のとおりミネラル分が多く含まれているという特徴もあり、このことは大人にとって水道水に比べてより効率的にミネラル分を補給できるという点で大きなメリットがあります。しかしながら、このミネラル分は胃腸の免疫力が弱い赤ちゃんが摂取すると下痢などの症状を引き起こすことがあるため、注意しなければなりません。

ミネラルウォーターの選び方

調乳に使用するミネラルウォーターを選ぶ際に特に注意しなければならないのが、上述したミネラル分についてです。

このミネラル分の含有量は硬度によって判断することができ、硬度が1L当たり120mg/以上の水は「硬水」、それ以下のものは「軟水」と呼びます。このうち軟水は赤ちゃんが飲んでも問題ないとされているため、調乳に使用するミネラルウォーターを選ぶ際には軟水であることを確認する必要があります。

一方でミネラルウォーターの中には硬水に該当するものが多く、特に輸入物のミネラルウォーターの殆どは硬水であるという特徴もあります。そのため、軟水のミネラルウォーターを見つけるためには採水地が国内であるものを中心に探してみるのがおすすめです。

ミネラルウォーターで調乳を行う手順・注意点

ミネラルウォーターを使用して調乳を行う手順は、基本的には水道水を使用する場合と同様で、最初に器具や手の消毒を行い、水を温めた後、粉ミルクを溶かし、最後に温度調整をするといったものとなります。ただし、水道水の場合は煮沸消毒をする必要がありますが、ミネラルウォーターの場合は既に各種処理が行われた安全性の高い状態になっていることから、煮沸消毒を行わずに粉ミルクを溶かしやすい70度前後にまで温めて、そのまま調乳を行ってしまっても問題ありません。

ただし、塩素などが含まれないミネラルウォーターは一度細菌が混入してしまうとすぐに繁殖してしまうため、できるだけ調乳を行うごとに新たなものを開封し、その場で使い切る必要があります。そのため、調乳用のミネラルウォーターは500mlの小さなペットボトルに入ったものがおすすめです。