詐欺サイトを見分けるには

詐欺サイトを見分けるには

未だに詐欺サイトが出回っているのは、その詐欺に引っかかる人が絶えないからです。

本節では、そのような悪質サイトに騙されないよう、見分け方について解説していきます。

詐欺サイトの特徴を知る

詐欺サイトにはいくつかの特徴があります。

中でも投資詐欺のようなサイトは騙されやすく、良質に見えてしまうものも多いです。

少し怪しいなと思うサイトがあれば、次の点を意識してみてください。

運営会社を調べる

投資案件の調べるときは、真っ先に運営会社に注目してみてください。

会社情報は実在するものか、ペーパーカンパニーではないか、法人登録された日はいつなのか。

会社が存在し、正式に法人登録された上で、ある程度の年月が経っていれば、一定の信頼をおくことができます。

運営者情報を調べる

次に調べるべきは、その案件に関わっている人物についてです。

実績や経験はあるのか、どんな案件に携わっているのか、悪評が書かれていないか。

特に投資案件は、全くの素人がでっち上げた悪質なものもあるので、運営者の情報を調べることは重要です。

収益の仕組みについて調べる

悪質案件を見抜くために、最も効果が高いのは、収益の仕組みを理解することです。

投資案件である以上、どこかでお金を稼げるタイミングが発生するはずです。

そのお金の稼ぎ方は合理的でしょうか、どこか穴はないでしょうか。

少し前に出回った案件には、スマホを充電するだけで儲かる「諭吉ケーブル」というものがありました。

考えてみれば、分かりますが、充電するだけでお金が稼げるはずがないのです。

悪質な詐欺案件は、そういった収益の不合理な部分を平然と強調しているのです。

先乗り投資法は詐欺案件なのか

先乗り投資法は、以下の理由から詐欺案件ではないと、強く断言できます。

・考案者である源太先生の経験と実績が豊富

・誰にでも実践できて再現性が高い

・株式市場からお金を稼ぐ明快さ

・サポート体制があり運営者と直接電話でやり取りできる

いかがでしょうか。

信頼に値する十分な実績を持っていると言えますね。

また先乗り投資法のような新鋭の投資手法には、悪評が書かれる傾向がありますが、それも見当たりません。

それほど利用者が満足しているということであり、先乗り投資法の効果を物語っているといえます。

TOPページを見る