先乗り投資法の参加料金について

先乗り投資法の参加料金について

先乗り投資法に興味を持たれた方が、一番気になるのは、やはり料金のことではないでしょうか。

どんなに価値のある情報でも、手が届かない程高価であれば意味がありません。

本節では、先乗り投資法の参加料金について解説します。

参加料金は35万円(税別)

参加料金は35万円になります。

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれです。

しかし念頭に置いていただきたいのは、先乗り投資法がお金を稼ぐためのスキルだということです。

本来、お金を稼ぐスキルを習得するためには、多くのお金が必要になります。

マルクスの『資本論』でも述べられている通り、高額な報酬を受け取れる職業ほど、そこに至るまでに、多くのお金を投じているのです。

一般的な企業においても、高卒より大卒の初任給は高く設定されておますが、その金額差は能力差だけによるものではありません。

大学という教育機関に投資した、数百万円という金額を補填するために、高く設定しているのです。

その理論に当てはめれば、先乗り投資法の参加料金35万円は、安いとさえ感じます。

数千万円、数億円稼げるスキルが、35万円で手に入るなら即決で買いますよね?

先乗り投資法を今すぐ始めるべき理由

35万円は少し高いから、もう少し様子をみてから決めよう。

そう考えているあなたは、ちょっと考え直してみませんか。

私は値段で悩んでいる人こそ、今すぐ始めてみるべきだと思います。

その理由として、次の2つが考えられます。

今始めるのが得であるから

「今日が残りの人生で一番若い日」というのは、よく言われますが、本当にその通りです。

今すぐ始めることによって、今後において先乗り投資法の恩恵を受ける機会が多くなるのは明らかです。

仮の話ではありますが、先乗り投資法で月利6%の利益が取れるようになったとしましょう。

月利6%を一年間複利で運用すれば、元本は約2倍になるのです。

裂き織り投資法を今から始めた場合と、一年後に始めた場合の差は、結構大きいと思いませんか?

株式投資はプラスサムゲームであるから

プラスサムゲームとは、市場に参加している投資家の資金の合計がプラスになることです。

FXのように、誰かが勝った裏で、誰かが負けるようなゲームではありません。

各国の経済成長が示す通り、基本的に株式は右肩上がりなので、早いうちから参入した方が特なのです。

以上まででの理由から、先乗り投資法を今すぐ始めるべきだと断言します。

TOPページを見る