先乗り投資法に悪評が少ない理由

先乗り投資法に悪評が少ない理由

ネットで広まる新しい情報は、絶賛するものもあれば、悪評や不満といった声が見られます。

しかし先乗り投資法のレビュー記事には、ほとんど悪評が書かれておらず、参加者の多くが満足していることが分かります。

本節では、先乗り投資法はなぜ悪評が少ないのか、その点について考察していきたいと思います。

悪評が生まれるメカニズム

情報商材やに手法に関して、悪評が生まれるメカニズムは3種類あると言われています。

1つ目は、情報商材や手法の内容が、検索すればすぐに分かるようなチープなものや、当たり前のことしか書かれていない場合です。

想像してみれば分かりますが、誰にでも手に入る、利用価値のない情報を高額で売りつけられれば、悪評が描かれるのは当然です。

2つ目は、利用者が情報価値を理解できない時です。

価値のある手法や情報であっても、理解されないのであれば、意味はありません。

購入者からすれば、理解できない情報=無価値な情報、という認識なのです。

結局お金を払って損をしたという印象だけ残ることになり、その結果として、不満や悪評が生まれることになるのです。

3つ目は、手法や情報の再現性が低い時です。

内容を理解できても、それが実践できる人が、一部の限られた人しか出来ないのであれば意味がありません。

「必見!足が速くなる方法」という本をワクワクしながら開いてみたら、まずは黒人に生まれてください、とか書いてあればがっかりしますよね。

それと同じで、購入者を満足させるためには、誰にでも結果を出させる再現性が重要なのです。

悪評が生まれない2つの仕組み

先乗り投資法には、悪評が生まれない2つの仕組みがあります。

1つ目は、先乗り投資法を使えば、誰にでも結果が出せることです。

テンプレート化されたメソッドに従うだけなので、個人の力量は関係ありません。

源太流三種の神器を使うだけで、勝てるようになる代物なのです。

実際源太先生の教え子には、先乗り投資法だけで、資産を億超えさせた人が何人もいます。

2つ目は、徹底したサポート体制や全体交流会があることです。

内容が理解できず、不満に思うことがあれば、サポートへ問い合わせてください。

期限内であれば何回でも問い合わせることが可能ですので、一人で頭を抱える必要はありません。

また交流会で投資仲間ができれば、質の高い意見交換ができるでしょう。

先乗り投資法を使って、多くのお金を稼いでいる人を目の当たりにすれば、ネガティブな感情が介入する余地はなく、自分ももっと投資スキルを磨こう、と前向きな気持ちで取り組めるはずです。

TOPページを見る